最小侵襲の手術とは何でしょうか。切らずに手術
する? そんなことは誰にも出来ませんが、どうせ
手術を受けるなら傷は小さいほうがいいですよね。
もちろん傷だけじゃなくて、中の筋肉や骨も切ら
なくて済むところは切って欲しくないと思うのが
当然だと思います。

 最近流行の最小侵襲「人工関節置換術」とは、
できるだけ皮膚を切らず、また筋肉も温存しながら
行う手術のことです。そのため術後のリハビリが
早く進み、早期社会復帰が容易になると言われて
います。ただしこの手技を行うにはある程度の
訓練が必要であり、また海外研修に行かなければ
その手技のための特殊な器械を使えないという
制限があります。私は今年の9月にオーストラリアの
メルボルンで行われたこの研修Zimmer MIS TKA
Seminar」に参加してきました。このような貴重な
経験をすることで、福井県立病院で行なっていた
手術を改めて振り返ることができ、理解がより深く
なったと思っています。

 
 さて、題名に挙げました「最小侵襲」について
ですが、こうして研修に行ってみると、そこまで
こだわる手技ではないと思いました。 確かに
皮膚の切開は小さいほうがいい、中の筋肉なども
あまり切らないほうがいい、というのは事実だと
思います。ただ、それにこだわることで手術の
難易度が上がり、手術時間が無駄に伸びるような
ことがあれば、それが感染や血栓の合併症の
危険性を高めることにも繋がりかねません。
これでは意味が無いのです。「最小侵襲」手術。
英語ではMIS(Minimum Invasive Surgery)と
言いますが、最近はこちらの方が推奨されている
こともあるようです。LIS(Less Invasive Surgery)。
つまり「より低侵襲な手術」です。傷の長さや
部分的な筋肉の損傷にこだわらず、その患者さんの
状態に合わせてより侵襲の少ない方法、つまり
適切な手術方法を選択し、可能な限り合併症を
避ける。これが今回の研修で学んだことであり、
今後の世界標準になってくる考え方ではないかと
考えています。

 
当院では可能な限り低侵襲な手術を目指しますが、最終的には手術を受ける皆さんの膝の状態や全身
状態を総合的に判断して手術手技を決定します。
場合によっては希望に添えないこともあるかと
思いますが、合併症を極力避けることが重要で
あると考えているためであり、ご理解頂ければ
幸いです。


     
院長 山内 健輔
         (昭和47年4月21日生)
 

 
 1998年 3月 金沢大学医学部医学科卒業
 1998年 4月 金沢大学医学部整形外科入局
         金沢大学大学院医学研究科入学
 1998年 5月 第92回 医師国家試験合格
 1999年 1月 厚生連高岡病院 勤務
 2000年 4月 公立松任石川中央病院
 2001年 10月 横浜栄共済病院
 2003年 7月 金沢大学整形外科大学院生
         としてカリフォルニア州立大学
         サンディエゴ校、
         アンチキャンサー社に留学
 2006年 2月 金沢大学医学部大学院博士課程
          修了 「医学博士」を授与さる
 2006年 4月 金沢大学整形外科 助教
 2008年 4月 福井県立病院整形外科 医長
 2010年 4月 整形外科専門医 取得
 2011年 4月1日  山内整形外科 副院長就任
 2014年 4月1日  山内整形外科 院長就任
 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 






 



Topに戻る
   
 
2003 Yamauchi Seikei Geka Allright Reserved